には話さなかったこ

全然知らなかった」それ搬屋價錢からわたしたちは和やかムードでしばらくお勧めのサバランの美味しさやお互いの近況などについてのたわいもない話に花を咲かせた後で、ところで・・・、とばかりに、わたしの方からヒカルさんの話題を彼に振ってみることにした。ねえホンジョウさん?ちなみにわたしに連絡してきたって・・・、やっぱり・・・、ヒカルさんのことなんでしょう?」えっ?あ、ああ、まあ・・・、そ、そうだな」そう。…

続きを読む