握手を求めてき

そして5、6分近くは経っていただろうか?目の前で彼女はいきなりその歩を止め、道路と反対右側180度の方向に全身をdermes 脫毛向けたかと思うとそのまま腰から直角に折れ曲がる様に深々と礼をした。ええ?とわたしもあっけにとられ、つられるように同様の礼をしたところ、その目の前は神社の鳥居のようだった。それからわたしたちは、両手と口を備え付けの尺ですくった水で清め、その本殿前にてお賽銭を入れ、縄を引…

続きを読む