渡しといた方がい

ホンジョウとミクは、せせらぎの緑dermes 激光脫毛道沿いをシモキタ方面へと歩いていた。川の流れる小さなチョロチョロと言う音だけが静かな夜道に心地よいBGMとなって響いている。そう言やあミク、今回は霊気の先生に会いに来たんだっけ?」とホンジョウ。うん、初伝から奥伝に上げてもらえることになって、明日一日そのセミナーなんだ」とミク。よくわかんないけど???、なんか凄そうだね?」奥伝の資格をもらえる…

続きを読む

かな夜道に心

とマキは冷めた顔で感心したようにそうつぶやく。さあさあ、ふたりはちょっと2階で頭でも冷やして来いよ」とナカバヤシが、トオルとミユキをソファから立たせ、リビングを出たところの階段の方まで誘導する。と、あれほどさんざん悪態をついていたふたりだったのだが、以外にあっさりとナカバヤシに従い、仲良く手をつないで2階へと上がって行くのだった。ところで、ホンジョウさん???、指輪、渡しますかねえ?」とトオルが…

続きを読む

に都会に住めて

とハマグチは単純に女子が増える樓宇套現のがうれしいようだ。沖縄ではカフェとレストラン、それと霊気道場なんかもやってるんですって?」とナカバヤシがミクに尋ねる。ええ。レストランのある丘の奥に道場と簡単なバンガローみたいな宿泊施設が四棟。みなさんも気軽に泊まりに来てくださいね。まだほとんど知られてないから、けっこう空いてるんですよ。素泊まり3000円で、霊気体験を無料で付けちゃうんです」とミク。そり…

続きを読む